居抜き物件の基礎から選び方までを丁寧に解説
ホーム > 飲食店開業特集 > 開業資金はいくら必要?

開業資金はいくら必要?

飲食店を開業するには、多額の資金が必要になります。

はじめて開業する方の多くは、これまで貯めてきた貯金を使いはたしたり、融資を受けたりすることに不安を感じていることでしょう。

開業資金はいくら必要?

開業をサポートする業者の中には、自己資金が0円からでも開業できるという業者がいます。しかし、開業に必要な資金を細かく見ていくと、これはほぼ不可能であることがわかります。

開業直後の経営が不安定な時期も考慮すると、一般的に、1坪あたり100万円が必要になります。

ここでは飲食店を開業するためには、どういった点にどれほどの費用がかかるのかを説明します。

開業に必要な費用の種類は?

開業に必要な費用は、

・物件取得費
・内外装費
・厨房設備費
・宣伝広告費
・その他の経費


といった項目に分類されます。

これらにかかる費用は、開業する飲食店の多くが当初の計画をオーバーする結果となっています。開業資金は多めに見積もり、初期費用が長く経営を圧迫しないように、安全な計画を立てましょう。

次に、それぞれの項目の特徴や注意点などを説明します。

物件取得費

物件取得費とは、物件を契約する際にかかる費用のことです。

・礼金
・保証金
・仲介手数料
・初回家賃(2~3か月分)


などが物件取得費の内訳です。居抜き物件を契約した場合は、造作譲渡代もこれに含まれます。

飲食店の場合、一般的にこれらの相場は家賃の6~12ヶ月分です。人気の立地で、保証金が家賃の20か月分近く必要となる物件がある一方、2等地以下では3ヶ月程度の物件もあり、大きな違いとなります。

内外装費

内外装費とは、

・店舗のクリーニング
・外看板などの外装
・店内の設備工事


などにかかる費用のことです。

スケルトン物件であれば1坪あたり50~100万円、居抜き物件であれば20~50万円程度が相場です。

設備工事の内訳は、

・ガス工事
・電力消費量の多い設備への配線工事
・厨房やトイレなど、水回りの配管工事
・空調やダクトなどの設置工事
・排煙や廃油などについて、飲食業許可を取得するための設備工事


などです。

大きな火力を必要とする中華料理店や焼き肉店などは、対応する配線が設置されている物件でなければ、設備工事に予想以上の費用がかかることがあります。

また、夜間営業中に看板をライトアップするのであれば、看板への配線工事も必要になります。

厨房設備費

厨房設備費には、

・冷凍冷蔵庫
・調理用ガスコンロ
・流し台
・浄水器
・フライヤー
・食洗器


など、厨房で使用する設備が含まれます。

業務用であることが必要なのは、大量の食材を調理するためだけではありません。シンクは手洗い用と食材を洗う用の2槽に分かれていなければならないなど、飲食店の営業許可を得るために条件が課せられている設備もあります。

費用やスペースを削減することばかりに気を取られ、間違ってお店に唯一の流しを1槽シンクにしてしまうなど、飲食店では許可されない設備を購入してしまうことのないように気をつけなければなりません。

厨房機器類の購入で大切なポイントは、内装業者にそろえてもらうのではなく、自分で購入するということです。

内装業者に購入を依頼すると、手数料が上乗せされるうえに、使う人の感覚に合うものがそろえられる保証はありません。飲食店の厨房機器を専門に取り扱う中古販売業者や、オークションなどを利用し、少しでも安く抑えられるように情報を集めましょう。

ただ、厨房のレイアウトによって導入できるサイズが変わるので、事前に内装業者と打ち合わせをして確認しておくことが大切です。

宣伝広告費

宣伝広告費には、

・チラシ製作費
・ポスティング代
・グルメサイトや地域のフリーペーパーなどへの掲載料
・ホームページ作成費


などが含まれます。

はじめて開業する場合は特に、開店やサービス内容を知らせる広告が十分でなければ集客力を上げることができないので、チラシ製作費を必要以上に削減することは危険です。

しかし、ポスティングは空いた時間を利用して自分でするなど、工夫できる点はあります。

また、少し以前までお店のホームページを用意することは重要な項目であると考えられていましたが、最近ではFacebookやTwitterをうまく利用することで、ホームページを作成せずにお店の情報を拡散させることができるようになりました。

プロに依頼すれば数十万円の費用がかかりますが、準備段階からSNSでの情報発信を視野に入れておけば、費用をかけずに集客につなげることは可能です。

しかし、SNSでの情報発信は、日々継続することでのみ集客力を発揮します。それなりの時間と手間をかける余裕がないのであれば、別の方法で広告を出すなど、ある程度の予算は用意しておく必要があります。

その他の経費

ここまで見てきた項目以外にも、経費として考えておかなければならないのは、

・家具や食器、調理器具などの備品購入費
・清掃用品や事務用品などの消耗品の購入費
・ユニフォームの費用
・メニュー製作費
・レジ購入費
・パソコン・電話・インターネット回線などの通信費
・研修など、開業前にかかる人件費


などです。

これらは業態やコンセプトによる違いはあるものの、1坪あたり8~20万円程度はかかると考えておきましょう。

運転資金(ランニングコスト)

初期費用にはお店の準備費用に加え、開店してから数か月分の運転資金が必要です。

運転資金には、

・材料の仕入れ費用(およそ2~3ヶ月分)
・従業員の給与や保険料(およそ2~3ヶ月分)
・求人募集費用
・店主の生活費


などが含まれます。

食材の仕入れには現金が必要ですが、売上が思うようにのびなかった場合、手持ちの資金の中から支払う必要があります。現金が足りなくなって材料を仕入れられなければ、営業を続けていくことはできません。

しばらくは黒字に転換できなくても、営業を続けるのに十分な資金を用意しておくことが理想です。

また、知名度の低い個人店では、思ったように従業員が集まらないことも考えられます。

最後にもっとも忘れがちなのが、経営者の生活費です。特にこれまでサラリーマンをしていた人が注意しなければならないのは、独立すれば毎月振り込まれていた給料がなくなることです。

住居の家賃やローン、保険代など、月々の支払いが必要な費用や子どもの教育費などは、お店が利益を上げられるようになるまでは、貯えから捻出しなければいけません。

すでに開業している飲食店の、初期費用の平均額は1000万円です。ここで見てきた項目だけでもかなりの額になることは予想されますが、開店後に思いがけない出費があることも珍しくありません。

せっかく始めた自分のお店が、半年を待たずして閉店に追い込まれるということのないよう、それぞれの項目にいくら必要になるか、費用を細かく計算して準備することが大切です。

▲ページトップに戻る