居抜き物件の基礎から選び方までを丁寧に解説
ホーム > 飲食店開業特集 > 個人店とフランチャイズ、お店を持つならどっちがいい?

個人店とフランチャイズ、お店を持つならどっちがいい?

ここでは飲食店の経営において、フランチャイズがよいのか、独立して個人で経営するのがよいのかについて考えてみましょう。

個人店とフランチャイズ、お店を持つならどっちがいいの?

フランチャイズとは

個人店は、全てを自らの手で作り上げて運営していくことになります。

それに対してフランチャイズは、商標やブランド、商品、サービスを利用する権利など、店舗運営に関する全てのノウハウを持つ運営会社と契約し、それらを使用する権利を認めてもらう代わりに料金を支払うというものです。

使用料だけでなく、運営会社の方針に沿った経営をしなければならないなど、様々な制約もあります。

理想と現実を照らし合わせてみる

個人店とフランチャイズのどちらがいいのかは、自分が目指すお店のあり方と、資金や人材などの現実的な問題を照らし合わせて考える必要があります。

いくつかの観点で具体的に説明します。

1. 店舗選び
1人で、あるいは夫婦や家族でまかなえる広さのお店で、温かみのあるサービスを提供したい。そういった理想がある場合、個人店では自由に店舗を選べますが、フランチャイズであれば立地に制約がないかを確認する必要があります。

というのも、フランチャイズでは収容できる人数の最低数や上限が決まっていたり、大きな道路沿い、あるいは裏通りなど、経営戦略やイメージによって条件がついている場合があるためです。

どちらの場合も出店を計画している地域のリサーチは不可欠です。

フランチャイズであれば特に、指定された地域に同じグループの店がないかは注意して調べましょう。

既存の店と後から参入して来た店の間でトラブルに発展するケースは多く、既存の店がある地域にあえて出店するのであれば、契約内容につぶし合いを避けるような決まりがあるかどうかを確認する必要があります。

2. 建築・改装・内装
店舗は、新たに建築するのか、あるいは賃貸物件に内装工事を施すのか。これらにかかる費用は、初期費用の中でも大きな割合を占めます。

個人店であれば土地、空き物件探し、内装の打ち合わせや手配は全て個人で行います。

一方、フランチャイズでは本部の方針によって加盟店にかかる負担は様々です。店舗には指定があるのか、それとも自分で探すのか。内装費は負担してもらえるのか、一部負担であるならどの程度なのか。こういった細かい条件によって負担額は大きく変わってきます。

開店資金が少ない場合は、初期費用の少ないフランチャイズを選ぶのも一つの選択肢となります。好みは反映させにくいもののゼロ資金で開業ができるグループもあり、お店を持つこと自体が目的であるならば、夢の実現はぐっと近くなります。

3. 仕入れ
フランチャイズに加盟していれば仕入れのルートは確立されおり、商品ひとつひとつの入手先を開拓する手間はかかりません。契約のための手続きも不要。開店までの道のりは準備されており、スピーディに進めることができます。

一方で、本部が指定するのとはちがう経路で材料を仕入れたり、許可されていない商品を販売することは契約違反になる場合があります。地産地消や独自の仕入れルートでコストを抑えたり、個性を感じさせるようなメニューや店舗づくりをすることは難しいです。

開店から軌道に乗せるまでの時間はかかりにくいものの、その後の経営については工夫の幅が狭まると言わざるを得ない部分があります。

4. 広告
新店舗の立ち上げにおいて、広告にはかなりの費用がかかります。ひっそりと開店し、口コミでお客さんが増えて行くのを待てるお店は少数派です。お店を借りた時から賃貸料は発生しているわけですから、できるだけ早く売り上げが欲しいのが本音です。

その点において、知名度の高いフランチャイズのブランド力にはかなりの集客力があります。お客さんはすでにある程度の情報を持っており、初めての来店への抵抗もほとんどありません。

対して、個人店は告知もゼロからのスタートです。どれだけ腕に自信があっても、信頼を築き、評判が広がるまでには相当の時間がかかることを覚悟しなければなりません。

5. 人材採用
パートナーや家族の理解を得て、気心の知れた人たちだけで経営できれば問題はありませんが、経営には人手がかかります。しかし、イメージも確立されていない個人店でアルバイトやパートを採用しようとしても、思うように人は集まりません。

フランチャイズであれば、なじみのある制服やロゴへの安心感、お店の雰囲気がわかることなどから、ある程度の応募が期待できます。

多くのフランチャイズグループでは、採用後の教育システムも確立されています。ただ開店時間や休日、あるいは業務内容などオーナーの裁量で決定できない項目もあり、採用したスタッフとの信頼関係を築くうえで障害となる場合があります。


ここまで、代表的な観点から、個人店とフランチャイズの違いを説明しました。

これらのことを踏まえて、あなたの目指すお店がフランチャイズに向いているのか、個人店に向いているのかを考えてみて下さい。

自分にとってプラスとなる要素やマイナスとなる要素は何なのか、これだけは譲れないといった要素は何なのか、が明確になれば、選択肢はしぼられてくるでしょう。

フランチャイズと個人店、どちらを選択しようともそのお店はあなたのものです。

他人任せ、あるいは本部やスーパーバイザー任せにせず、あなたこそがオーナーであることを忘れずにいれば、道は成功へとつながっているはずです。

▲ページトップに戻る