居抜き物件の基礎から選び方までを丁寧に解説
ホーム > 飲食店開業特集 > コンセプトを決める

コンセプトを決める

できたばかりだと思っていた飲食店が、あっという間に閉店してしまった。

飲食店では特に、短期間で閉店に追い込まれるケースが目につきます。どうすればお客さんに愛され、長続きする飲食店を経営することができるのでしょうか?

ここではお店を成功させるための、開店準備について説明します。

コンセプトを決める

飲食店の成功のために必要なこと

新しく飲食店を始める時、開業に必要なことはたくさんあります。

・店舗の場所を決めて、賃貸契約をする、あるいは建築計画を立てる
・資金を用意する
・店舗の内装や改装をする
・広告を出す
・店舗を運営するための、様々な許可を取得する
・材料を仕入れて商品を用意する
・人を雇う

おおまかに考えても、飲食店が通常の営業を始めるためには、これだけの準備が必要です。漠然としたイメージだけで準備を進めた場合、経営が成功するケースはまれです。

飲食店の経営を成功させるためには、限られた資金を効果的に使い、効率よく利益を上げる必要があります。そのためにははっきりとしたコンセプトを決め、それに基づいた店舗作りをすることが大切です。

ではお店を成功させるために必要な「コンセプト」とは何なのでしょうか?

コンセプトとは何か

コンセプトは、日本語の「概念」にあたります。

飲食店であれば、
「どんなお客さんに、何を、どのような状態で、いくらで提供することで、どういった目的を満たすことができるのか」
といったことを明確にすることが、コンセプトを決めるということになります。

コンセプトを決めることのメリット

コンセプトを決めることで、得られるメリットには、以下のようなものがあります。

① 立地が絞り込みやすくなる
ビジネスチャンスはどこにでもあり、誰しも自分の好きな場所に、出店することはできます。しかし、その場所で成功できるかどうかは、お店の持つ特徴が、その場所に合っているかどうかに大きく関わってきます。コンセプトを明確にしておくことで、より成功しやすい立地を絞り込みやすくなります。

② 外観や店内のレイアウトが決めやすくなる
初期費用において大きな割合をしめる改装費や内装費も、どんなお客さんが、どのような目的で利用する店であるのか、ということが明確になれば、早い段階で削減できる部分や、不要なものの判断をすることができます。

③ 広告についての方針が立てやすくなる
広告は、新規に開業するお店にとっては非常に重要なものです。費用を抑えて、効率よく宣伝の効果を上げるためにも、誰に向けて、どんなサービスを提供するのかという、お店のコンセプトを決めておくことは大切なことです。

④ 雇用に関する方針を立てやすくなる
お店を1人で営業するのでなければ、人件費や、人を雇用するための準備が必要になります。その場合にも、どういった営業形態のお店であるか、というコンセプトがはっきりしていれば、お店に合う人を見つけやすくなります。

⑤ 事業計画が立てやすくなる
飲食店を開業するには資金が必要です。余裕を持って開店し、経営を軌道に乗せるまでには、多くの出費を覚悟しなければなりません。そのためには自己資金や、親類や知人からの借り入れだけでなく、公的資金や民間の金融機関からの借り入れが必要になる場合があります。

そういった時、金融機関では必ず、事業計画書の提出を求められます。事業計画書を作成するにあたっては、初めて飲食店を経営する人にとって、「やってみなければわからない」ことばかりであるにもかかわらず、お店の運営についての具体的な説明を求められます。

ここでも①~④の項目を明確にすることで、コンセプトが具体的になっていれば、計画書の作成がスムーズに進みます。

こういった理由から、お店のコンセプトを決めることは、収益を上げやすい環境を作り、様々な作業をスムーズに進め、場合によっては経費や時間を大幅に削減することを可能にします。

細かい点についてリサーチしたり、検討することは手間も時間もかかりますが、開業前のこの作業こそが、成功につながっていると言っても過言ではありません。

▲ページトップに戻る